メニュー

訪問診療とは

 

ご利用者さんの価値観を大切に、その人らしい生き方ができるように医療的なお手伝いをいたします。

通院が困難なご高齢の方や、認知症、心不全、肺気腫、褥瘡、がん終末期、難病の方などに対して、医師がご自宅あるいは入居施設を定期的に訪問して診療を行います。

訪問回数は病状に応じて異なりますが、おおよそ月2回の訪問となります。

当院の利用者に対しては、24時間365日、緊急時の対応も行います。
病状に応じて、連携病院への入院やご自宅での治療など適切に対応します。

 

訪問診療の開始までの流れ

1. ご相談

担当のケアマネージャーあるいは病院の地域連携室を通してご連絡いただくか、あるいはご本人またはご家族などの代理人がお電話やメールフォームでお問い合わせください。

ケアマネージャーを通して申し込んで頂く場合は、相談シート(訪問診療依頼書)の記入をしていただかなくても構いません。

診療情報提供書(もし直近まで入院されていれば退院サマリー・看護サマリー・リハビリサマリーなども)、薬剤情報提供書(お薬手帳)、フェイスシートなどをあらかじめご用意頂ければ、大変助かります。

これらの情報をもとに、院内の多職種カンファレンスで、訪問診療の適応について判断させていただきます。

 

2.初回の面談

ご本人またはご家族などの代理の方がクリニックにご来院いただくか、あるいはご自宅に往診に伺って、訪問診療に関する契約の説明(重要事項の説明、自己負担額、銀行の口座振替などの説明)を行います。

「必要な持ち物」医療保険証、介護保険証、介護負担割合証

3. 訪問診療の開始

訪問の回数やスケジュールなどは、初回の診察後に相談いたします。

 

診療にかかる料金

在宅医療では病院と同じように、各種の健康保険が利用できるのでご安心ください。

自己負担額の目安としては、1か月で約6000円~18000円となります。

ただし、加入している保険の種類、医療費の自己負担割合や、病状による訪問回数の増加、点滴の処置など、様々な要因により大きくかわってきますので、詳細についてはクリニックまでお問い合わせください。

 

※よくあるご質問もご参照ください

よくあるご質問

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME